農業、そして生産者を支える新しい仕組み

日々の農作業を通じて、感じ、体験する、農業が抱えるさまざまな問題を、トミイチが生産者と協力し、作業を支え、時には代行することで解決し、農業の継続や作業環境の改善を図る新しい取り組みが、アグリサポート事業です。

今、そしてこれからの食を支える農業を守り、育てていく。
そのためには、その年その年の短期的な活動ではなく、長期的に生産者とのつながりを大切に考えた環境づくりと取り組みを行っていく必要があると考えています。
まずは農業を支える生産者にとって、「一緒にやってよかった」と思ってもらえることを目指し、トミイチはアグリサポート事業を進めています。

トミイチが進めるアグリサポート事業

アグリサポートはコントラクターを始めとした生産者を手助けする様々な取組です。
コントラクターとは、「農作業受託(数ある農作業の工程の一部分、または全てを請け負う)」という意味ですが、
ただ作業を請け負うだけは、現代の農業を取り巻くさまざまな問題の一部分しか解決することができません。

私たちトミイチは、農作業の代行はもちろん、技術や知識、機材や資材など、より協力をする範囲やカタチを考え広げることで、より多くの問題の解決や負担の軽減、そして産地の価値の向上につながると考えています。
ここでは、トミイチが進めるアグリサポート事業の主な支援のカタチをご紹介いたします。

01コントラクター事業

数ある農作業の工程の中で、さまざまな理由により実施が困難な作業や手間のかかる作業を、トミイチが代行いたします。
トミイチが農作業の一部を代行することで、作業負担の軽減や浮いた労働力の活用、またはコストの削減などのお手伝いをいたします。
例えば・・・

  • 機械での収穫が難しい青果物を、収穫してほしい
  • 農場の管理が大変なので、代行してほしい
  • 農場の耕起までは出来るので、それ以降を任せたい
  • 人手が足りないので、人手が必要な作業を任せたい

02情報や機材による提案・サポート

現在抱えている問題や、農作業で行うことで発生するトラブルや悩みを、トミイチが情報や機材、資材の面から生産者をサポートいたします。

農地の除草や病気対策への技術サポートや、過去の事例や他の農地での実績を基にした管理アドバイス。または負担の軽減や問題解決のためのご提案などの情報支援を行うことで、作業に関する不安や問題の解消のお手伝いをいたします。

03農地の有効活用

人手不足などの理由により、休耕地になってしまっている農地を、トミイチが借り受け、青果物の生産を行います。
手付かずの休耕地を有効活用することで、賃貸料収入などの継続した収入アップのお手伝いをいたします。

04各種認証・資格の取得サポート

2020年に開催される東京オリンピックで選手に提供される料理には、GAP認証(農業生産工程管理)の野菜が使われる予定が噂されるなど、近年食に対する安全と健康に注目が集まっています。

トミイチでは、生産者がJGAPをはじめとする各種認証や資格の取得がスムーズに行えるように、技術指導や工程のマニュアル化など、認証や資格の取得サポートを行っています。
また同時にJGAPの指導員の育成にも力を入れており、現在8名の指導員免許保持者が在籍。生産者の認証・資格の取得のお手伝いをいたします。

食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証で、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品に与えられる認定です。

農業をより便利に、そしてプラスに。まずは一緒にはじめましょう

生産者とトミイチが共に協力し、一緒に農業を事業として構築していくことで、今まで抱えていた問題を軽減、または解決できるキッカケとなります。
そして新しい取り組みによる収穫の安定や青果物の品質向上は、きっと農地に新しい魅力と価値を生み、生活や作業の安定へとつながります。
ぜひ一緒にはじめましょう。お気軽に農産事業部までご相談ください。