安全でおいしい、安心して食べられる加工食品を目指して

食は、日々の生活に欠かせない、健康や生命を支えるとても大切ものです。
トミイチでは、食の重要性と加工食品を提供する者の責任をしっかりと受け止め、国際規格ISO22000の認定取得をはじめ、仕入れから加工・販売までのすべての工程に、リスクを未然に防ぐさまざまな取り組みを行っています。
安心で安全な加工食品をお届けできるように、日々安全管理に努めています。

食品安全方針

私たちトミイチは、経営理念である「お客様にとって最良なものを常に提案し続ける企業」として、よりおいしく、より安心安全で、お客様の「食」のしあわせに貢献することが使命です。
全社員一致団結して次の事項を遵守し、品質の維持・向上・改善に努めて参ります。
  • わたしたちは、フードチェーンの一員として、安心安全な食品を提供いたします。
  • わたしたちは、食品関連法令を遵守いたします。
  • わたしたちは、社内外のコミュニケーションを円滑に行い、適切に実行いたします。
  • わたしたちは、食品安全に対する意識向上を図るため、常に学び周知し実行し続けます。
  • わたしたちは、食品安全マネジメントシステムの適切性を確認し、継続的に改善し続けます。
  • わたしたちは、食品安全方針に則った目標を掲げ、品質の向上に向けて取り組みます。

徹底した異物チェック体制

食品を取り扱うことで発生するリスクの1つとして、ニュースでもたびたび取り上げられる食品への「異物の混入」があります。
これは材料の搬入から、加工処理、包装までの工程の途中に、何らかの原因により製品とは異なる物質が入り込んでしまうことです。

トミイチでは、加工食品への異物の混入を未然に防ぐことを第一に、原料となる青果物の仕入れ・搬入には、産地環境のチェック、各加工工程では金属探知機、X線探知機、重量検知器などの最新機器による異物チェックと、材料の搬入から販売までのすべての工程で、異物の混入を防ぐ取り組みを実施しています。

リスクを防ぐ、安全管理の導入

HACCP
HACCP(ハサップ:危害分析重要管理点)は、原料の受入れから食品の製造までの製造全体の工程において、食中毒をはじめとする健康被害などの食品危害(リスク)につながる重要箇所を、管理・監視することで、安全を実現する仕組みです。
ISO22000
ISO 22000は、HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格です。
農場から食卓まで、食品に関するすべての過程において、食品危害(リスク)を防ぐための仕組みを作ります。

グループ全体での情報共有